SHAVADAVA CLUBlog 能書き39 夏だよねもー

    SHAVADAVA CLUBlog

    SHAVADAVA CLUB (Official web site / First blog)

    能書き39 夏だよねもー

    能書き39 夏だよねもー

    垣根の垣根の曲がり角 焚火だ焚火だ落ち葉焚き

    そんな事やってっと消防署から注意されるぞ。

    当たろうか 当たろうよ 北風ぴいぷう吹いている

    北風ぴいぷう吹いてるのに余計危ねーじゃねーかーーー。

    そーゆー時代になっちゃった。 簡単に勝手に焚火も出来なくなっちゃった。

    キャンプ場にしても直火が出来ないところも多分にあって、それってーのは、火の後始末をちゃんとしないと徹底しないと、

    最悪山火事でも起こしたら、それこそ大騒ぎになっちゃって、逮捕拘留されちゃうし、新聞にも載っちゃう。

    呑気に歌なんて歌って居られない。 童謡でさえ時代と共に、子供が真似したら大変だ、歌わせるな、覚えさせるな。

    まさかのまっちゃん作ったひとも、それ程変わるとは、恐れ入谷の鬼子母神、歌詞変えましょうかーーー。

    曲はそのままでも。 てか焚火っていうタイトル自体変えないとーーー。 消火か↗

    それじゃー消防署の歌だよ。 消防団の歌だよ。

    焚火禁止の歌か↗ 大体垣根も今じゃーそーないからねーーー。 全面的に変えないとならない。

    時代の時代の曲がり角 規制だ緩和だどっちなの

    自由なの→(ここはくっ付ける、字余り)←不自由なの 北風ぴいぷう吹いている

    しっかしーーーーーーーーー、

    画策どーにも変わんねーじゃねーかーーー。 失敗かー? 画策失敗かー?

    どーなってんだーーー。 なんや難しいんだよなーーー。 時間も取れないしさー。

    俺的には俺のご意向に沿った形にしなきゃならない。 しなくてはならない。 しなければならない。

    世の中俺のご意向に沿ってないからよーーー。 だから大変なんだよー。

    北風ぴいぷうどころじゃねーよーーー。 凍り付いちゃってるよーーー。 ガチガチだよーーー。

    夏だよねもー。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する