SHAVADAVA CLUBlog 能書き34 恐ろしや~~~

    SHAVADAVA CLUBlog

    SHAVADAVA CLUB (Official web site / First blog)

    能書き34 恐ろしや~~~

    能書き34 恐ろしや~~~

    オメーその性格直せーーー。

    今日リハだったのよ。 で、キャリーでギター持って行ったんだけど、

    エスカレーター乗る時にさー、長さもいくらもないエスカレーターな訳、

    だから特に避けなくても、その距離抜くヤツなんか居ないだろーって思って、

    右っ側に乗ってさー、左手でキャリー引いて、つまり左っ側の1段下がったところにキャリーよ、

    その1段上がった右っ側に俺よ。 つまりせき止めた形になったんだけど、

    そこを、すいません、すいません、なんて言いやがるから、左にちょびっと避けた訳、

    そして、そのあと数段3、4段ってとこだなーーー、タタタタッって走るよーな感じで、抜いた女が居た訳さ、

    なんだよ、バスで前に座ってた女な訳、そして駅のホームに上がったら、

    何、その女も同じホームに居るじゃんかー、でー電車を2分3分待つ感じになった訳、

    俺が言いたいのは、見ろー、そんなに急いだって変わらんやないけーーー。

    あのすいませんはなんだったんだーーー。 そこなのよ。

    数秒を争って急いだって、そー変わる訳ねーじゃねーかーーー。

    まったく急かしい女だーーー。 慌てる乞食は貰いが少ない。 急いては事を仕損じる。

    ウゼーなーーー。

    ひとを押し退けて行くのも大変ケッコーな事だとは思うが、その行動力は奨励称賛されるべき事に価するとは思うが、

    結果ろくに変わらない、その急いだ気持ちの分だけ、慌てた気持ちの分だけ、

    ただの落ち着きのない女に見られちゃう、まったく余裕のない、ケチな根性を持った女と言ったらいーか、

    慌ただしい今の世の中を象徴するよーな、現代を凝縮したよーな、濃縮したよーな、そんな出来事だった。

    だいたい、駆け上がるなら階段駆け上がりゃーいーじゃねーかーーー、横に階段付いてるんだからーーー。

    今の風潮が悪い。 正論から言えば、そもそもエスカレーターは、自動で動いてくれる訳で、

    そもそもじっと乗ってなきゃいけない代物じゃねーのかーーー↗

    それでも文句があるなら、エスカレーターの会社に聞いてくれ。 どっちが正しいか聞いてみてくれ。

    なんなら駅員さんでもいーさー。 なんなら国土交通省でもいーさー。 なんなら交通課でもいーさー。

    まったく浅はかなテメーの事しか考えてない、自分さえ良けりゃいー、

    まったくテメー勝手な、テメー中心で世の中回ってると思ってやがる。

    確かに俺は、親からも蛍光灯と言われた記憶があるぐらいで、今の蛍光灯はパッと点(つ)くほどに進化したが、

    俺にはそーゆー進化はない訳で、却って昔が懐かしく思える、いろいろ便利になったが、その分、

    昔ほどの余裕が却って無くなった、却って無くなってしまった、どんどん急げのよーな、

    急がないと置いて行かれちゃう、そのスピード化が、却って仇になっちゃった、

    ゆとりと言う、安らぎと言うか、穏やかな、落ち着いた、安定感と言ったら良いか、

    鳴くまで待とう時鳥の精神は何処行ったーーー。

    あれは、あの女は、殺すタイプだな。 怖えーなーーー。

    殺してしまえでもないのよ。 それさえも待ちきれずに殺しちゃう、遅い! そーゆー女だ。

    恐ろしや~~~。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する